平成23年度
 
予算要望書
 
 
 
 
 
平成23年11月22日
 
クラブ21
 
 
平成23年度予算編成にあたる要望
 今、桐生市に求められているものは何か。それは、市民サービスの向上であり、財政健全化に向けた行財政改革の推進であり、将来に向けて郷土愛があふれる心豊かなまちの創造であります。
 その為には、現在桐生市が抱えている課題に真正面から取り組み、早急に解決しなければなりません。政策の実行については、複雑多様化する市民ニーズに対応するため、事業を見直し取捨選択をし、効率的かつ効果的に行わなければなりません。
 
 来年度の執行にあたり、桐生の英知を結集してこの難局に対応する施策を平成23年度予算に反映して頂きたく、クラブ21として要望致します。
 
 
 
 
スピードのある行財政改革の実行
予算編成方針の遵守・実行
不要不急事業の精査
現状に合った機構改革
二元代表制の一翼を担う議会への行政情報の積極的公開
 
税収確保
行政運営を着実に進めるために必要な税収確保
滞納対策の強化と実行
 
国民健康保険運営
国保運営の健全化
滞納対策の強化と実行
 
経済・環境対策
中小・零細企業の分業による付加価値の高い商品開発の支援
上記に伴う雇用の確保
・チャレンジ25の本格事業実施に向けた支援
 
子育て・教育
地域の特色を活かした子育て、教育環境整備
移住、人口増加政策として、子育て世帯・新婚世帯の優遇(新築時固定資産税減免・市営住宅への優先的入居など)
部局を超えた組織作り
情報モラル教育の徹底
・市内保育園全園対象の保育安全マニュアルの作成
・心のサポートについての行政の取り組み
 
社会、生活環境・都市基盤整備
有害鳥獣対策
・桐陽台団地隣接地の適正な今後の対応
・男女平等参画推進条例の制定
安心して暮らせる生活環境・雇用労働環境づくりへの積極的取り組み
集中豪雨被害の軽減に向けた水路等の整備
以上、要望致します。


桐生市議会クラブ21

小滝 芳江 河原井 始 岡部 信一郎 細谷 昌弘

周藤 雅彦 相沢 崇文 井田 泰彦